6月18日、午前7時58分、大阪府北部を震源とするマグニチュード(M)6・1の地震が発生しました。高槻市の9歳の小学生が、この地震によって倒れてきたブロック塀の下敷きになり亡くなるといういたましい事件がありました。自分自身も小学生の娘を持つ身として、心が痛みます。

この事故を機に、日本全国の地方自治体や教育委員会主導で、通学路のブロック塀の調査に乗り出しています。そもそも建築のプロではない教育委員会関係者が、ブロック塀の安全性について調査することに無理がある上、限定された関係者によって広範囲にわたる全ての通学路を調べつくすことは物量的に不可能です。

さらに教育委員会によっては、PTAを通じて素人の保護者に対して調査を要請しているようです。PTAを通じて委託された素人の保護者の方々も、教育委員会の方々同様に建築のプロではない訳ですし、仮に「安全だ」と判断したものが後に事故を起こしたら責任問題にもつながります。

こうした状況下で、日本建築学会は6月29日付で「危ないコンクリートブロック塀の見分け方」という情報を発信しました。

しかし、このような無味乾燥な文字情報だけでは、一般の方は分かりにくいと思います。そこで今回のブログでは、一般の方でもイメージが湧きやすいように写真を交えて解説したいと思います。

1)鉄筋で補強されたコンクリートの基礎が無いもの

社団法人全国建築コンクリートブロック工業会ウェブサイトより

コンクリートブロック塀は本来、鉄筋で補強されたコンクリート基礎の上にのっている必要があります。

現実的には、コンクリート基礎が地中に埋まっている場合もあり、外見からではなかなか「鉄筋で補強されたコンクリートの基礎」の存在が判断できない場合があります。さらにコンクリート基礎を確認できたとしても、その基礎が適切に鉄筋で補強されているかどうかまでは、視認はできません。。。この点については、危険度の判断は諦めたほうが良いかもしれません。。。

2)ブロック塀の地盤面からの高さが 2.2m(一般的なブロックの 11 段相当)を超えるもの

これは目で見て数えることができるので分かり易いですね。例えば下の写真はブロックが11段積まれています。この程度の高さのブロック塀は、街中でたまに見かけるのではないでしょうか。

一方この事例では、ブロック塀の高さは15段あります。圧倒的な高さですね。崩れてきたらひとたまりもありません。

このようなブロック塀は、道路沿いではなく、敷地境界に存在する場合が多いと思います。駐車場に面している場合もあるので、注意が必要です。

3)ブロック壁体の厚さが 12 ㎝未満(高さ 2.0~2.2m では 15 ㎝未満)のもの

これも実際のブロック塀の寸法を計測すれば、一目で分かりますね。法令ではブロックの厚さは 10 ㎝以上ですが、日本建築学会の設計規準では安全性を高めるため12 ㎝以上としているそうです。

佐々木ブロックウェブサイトより

4)ブロック塀の高さが 1.2m(一般的なブロックの 6 段相当)を超える場合、3.4m 以下ごとに控壁が設けられていないもの

控壁というのは、建築構造の一つであり、主壁に対して直角方向に突き出した補助的な壁のことです。主壁に生じる横荷重を受け止めて、主壁を支持・補強する役割を果たします。要は、下の写真の赤枠で示されている部分のことです。

こうした控壁は敷地内に立てられてしまうため、その有無を道路側から確認することは困難ですが、場合によっては回り込んで確認することができます。例えば、道路側から見るとこのように見えるブロック壁があります。

敷地内に回り込んでみると、控壁がないのがばっちり分かります。このブロック塀はアウトですね。

5)高さ 1m 以上の擁壁の上部にあるブロック塀で、擁壁上端面より高さ 1.2m を超えるもの (高さ 1m 未満の擁壁では、擁壁下部の地盤面より高さが 2.2m を超えるもの)

法令には擁壁上部のブロック塀の高さに関する特別な規定はありませんが、日本建築学会の設計規準では安全性を高めるため、高さに 1.2m の制限を設けているそうです。

高槻の小学校の事故では、擁壁のような構造物の上に、ブロックが8段積まれていました。ブロック一つあたりの高さは20㎝ですから、8段で1.6m分の高さがあったということです。高槻市によると、ブロック塀の基礎部分は高さ約1.9mあったとのことですから、高さ 1m 以上の擁壁の上部にあるとみなすことができ、学会の設計基準は満たしていないことになります。

GoogleMapより

6)外見上、劣化があるもの(ひび割れ、傾きなど)

注意して街歩きをしてみると、外見上劣化があるブロック塀は、多々あります。例えば、下の写真では、上から下までひびが入っていますね。

さらに近づいてみると、隙間から露出した鉄筋を確認することができます(赤枠参照)。

本来コンクリートブロック内でモルタルに保護されている鉄筋が露出して空気に触れると、酸化が進行します。このような酸化つまり錆により、鉄筋は2.5倍から4倍にも膨れ上がると言われています(知っておきたいメンテ技術より)。鉄筋が錆によって膨張することにより、コンクリートブロックも徐々に破壊されていくわけです。

コンクリートブロック表面の錆汁は、すぐに倒壊することを示しているわけではありませんが、ある一定の危険信号を発していると考えることができるでしょう。この事例はコンクリートブロックではなく、万年塀(鉄筋コンクリート組立塀)ですが、上部の笠木部分の鉄骨が露出・酸化し、錆汁が出ていることが分かります。

さらに、以下のようにコンクリートブロックがボロボロになっていた寒冷地の事例もありました。

コンクリートブロックがこのようにボロボロになっている原因はよく分かりませんが、屋根や鉄骨階段の直下にあることから、ブロック塀に常に雨水がかかる状態であるため、凍結時に水分が膨張してブロック塀が爆裂したのかもしれません。いずれにしても、危険ですね。

7)(追加として)ブロック塀が2000年より前に建てられているかを確認する

建築基準法では、1981年と2000年に強化されており、ブロック塀の耐震基準が決められています。ブロック塀の高さを原則、地盤面から2.2mまでと定めています。さらに壁体内に一定間隔で一定サイズ以上の鉄筋を入れたり、鉄筋同士を重ねて結束することも求めらています。

もし、このブログを読んでいる方が20年近く一か所に定住している場合、引っ越してくる以前から存在しているブロック塀は、現在の耐震基準を満たしていない可能性が高いということです。どの家が昔から存在していたか、思い出してみましょう。

まとめ

今回はコンクリートブロック塀を取り上げましたが、万年塀や石積みの塀など、危険な塀は身の回りにたくさんあります。

危険だと感じたら、素人判断せずに、早期に専門家に相談することをお勧めします。

関連記事
必読!一目で分かる「危ないコンクリートブロック塀」の見分け方
#安全安心 #災害
災害時のこどもの通学路の安全:5つのチェックポイント
#こども #安全安心 #災害
エスカレーターで手すりにつかまることは本当に必要なのか?
#安全安心 #部位部材